独立開業を考える人のための、成功へのノウハウや心構えなど役立つ情報が満載
独立開業を目指す人へ! 独立開業WEB
独立開業WEB トップ
独立動機・独立資源
独立準備の第一歩
事業アイディア
事業計画
資金計画・資金調達
事業所の開設
営業開始の準備
フランチャイズで成功するには
脱サラ・残留
メリット・デメリット
「起業・独立の疑問・不安
これで解消」
独立開業WEB トップ > 独立準備の第一歩

独立準備マニュアル:独立準備の第一歩

独立の業種・分野について
独立業種・分野の探し方
独立する業種・分野について考えた時に、経験のある業種・分野を選んだほうがいいのか、やりたいことや興味のある業種・分野を選んだ方がいいのか悩むところだと思います。それぞれに一長一短があり、前者は経験があるのでやりやすい反面、他者との差別化が甘くなり、固定概念に囚われがちになります。同じ業界で独立したとしても、他企業との差別化を図り、どのように違いを表現するかを考える必要があるでしょう。また、後者は、新しい分野への侵入という未知への不安はついてくるものの、むしろ未経験ならではの新しい発想を生かせば、事業を展開し発展できる可能性があります。しかし、そのためには、しっかりとした調査・研究の必要があります。その努力無しには成功はありえません。

新しい分野への挑戦方法例
新しい未経験分野に参入する場合は、独自で企業を立ち上げる以外にフランチャイズチェーン(FC)システムを活用するという方法もあります。フランチャイズチェーンとは、コンビニエンスストアや洋食店などのように本部企業と加盟店の二つの組織によって成り立っているものをいいます。本部が加盟店に対し、事業を成功させるノウハウ(経営指導、運営マニュアルの提供、宣伝広告など)を提供する仕組みで、その代わりに粗利益(商品売上金額と商品仕入金額との差額)の数パーセントを本部企業に支払います。
業界経験のない人にとっては運営しやすいうってつけの方法だと言えるでしょう。

必要な知識・技術・資格の獲得
学習テーマを摘出しよう
独立する上で身につけなければならない「もの」は、選択する業種によって変わってくるとは思いますが、まず、自分が何をしたいのかを具体化する必要があります。そうすることによって、自分には何が不足しているのかが自ずと見えてくるはずです。しかし、自分が不足だと考えるている内容だけでは不十分ということも少なくありません。周囲の意見や、専門家などにアドバイスをもらいましょう。

不足部分がみつかったら
お気に入りの家具に囲まれて始まる2人の新生活。同じテイストで買い揃えれば、センスが伝わるステキな部屋になりますよ。取り寄せ〜配送に時間がかかることもあるので、早めに手配しておきましょう。
企業で学ぶ方法
企業で学ぶ方法には行きたい業種へ就職・転職をして学ぶ方法と、企業に勤めながら副業として働きながら学ぶ方法があります。どちらも、そこで専門的な知識やハウツーを学ぶわけですが、前者の場合は、出来るだけ小さい企業に入り、業界・業種のすべてが分かるようなトップに近い役職で仕事をさせてもらうことが得策だといえます。管理の目も養えますし、小さい企業なので、いろんな職種が経験できるという特権があります。また、後者の場合は、企業に勤めながらなので時間の制約などが発生はしますが、給料の安定の面などを考えると無難な選択だといえます。副業に適した業界としては、ネット関連事業が挙げられます。時間や場所を制限されないので最も適した業態と言われています。
学校で学ぶ方法
「学校」といっても、大学・専門学校、ビジネススクール、長期・短期セミナー、通信教育など、たくさんあります。自分が学びたい内容をよくよく比較して学校を選択しましょう。進む学校によっては、期間や費用が違ってきますし、独立に本当に必要か、独立に向けての支援策があるのかなども比較対象になります。これらを考慮して、自分に最適な学校を選びましょう。
情報誌などで学ぶ方法
時間や期間の制約を受けず、低料金で、しかもいつでも情報を入手できるのが書籍や情報誌、Webサイトの活用学習法です。あらゆる情報が溢れている時代とはいえ、独立や起業をテーマに総合的な情報を紹介しているものはまだまだ少ないのが現状です。できるだけ多くの情報を入手し、片寄った情報にならないように注意することが大切です。

家族・勤務先への合意
自分の人生とはいっても、やはり周囲の合意や協力がなければ独立は成功しません。家族があるのであれば、独立の目的や内容を説明し、生活にどのように影響するのか、所得の増減などを充分理解してもらい、合意を得ましょう。また、独立のために勤務先を退職するのであれば、やはり円満退職が原則です。後々、取引先や仕入れ先、顧客などになる可能性があるのですから、できるだけライバルをつくらないようにしたいものです。

許認可・届け出の必要な業種を確認する
許認可や届け出などが必要な業種は1000件を越えるほど。無免許や無許可が発覚した場合、法的に罰せられることもありますし、事業に許可が下りてない場合には、融資を申請しても受けられないということもあります。もともとの事業自体が違法というケースもあるのです。ですから、事業予定の業種に対して、許認可・届け出の有無の確認をし、必要であれば、独立準備の活動計画に入れましょう。許認可の条件等は自治団体・地域で異なりますので、調べておきましょう。


-おすすめサイト-
フランチャイズ 募集

独立開業WEB トップ独立動機・独立資源独立準備の第一歩事業アイディア事業計画
資金計画・資金調達事業所の開設営業開始の準備フランチャイズで成功するには
|脱サラ・残留 メリット・デメリット「起業・独立の疑問・不安 これで解消」|

サイトマッププライバシーポリシー

独立開業WEB www.dokuritsu-kaigyo-web.com
(c)Copyright Pencil Co.,Ltd. All right reserved.