独立開業を考える人のための、成功へのノウハウや心構えなど役立つ情報が満載
独立開業を目指す人へ! 独立開業WEB
独立開業WEB トップ
独立動機・独立資源
独立準備の第一歩
事業アイディア
事業計画
資金計画・資金調達
事業所の開設
営業開始の準備
フランチャイズで成功するには
脱サラ・残留
メリット・デメリット
「起業・独立の疑問・不安
これで解消」
独立開業WEB トップ > 独立動機と独立資源

独立準備マニュアル:独立動機と独立資源

独立動機をしっかり持とう
独立の動機とは
独立の動機とは、「どうして独立しようと思ったのか」「なぜ独立したいのか」「なぜ独立できると思ったのか」ということです。独立したい・独り立ちしたいと思っても、いざ行動しようとすると「失敗するのでは?」というマイナスイメージが邪魔をして、なかなか行動に起こせないものです。そういう困難に打ち勝つための大きな力・強さが独立の動機なのです。動機が明確でないと、独立する目的がはっきりせず、後々、失敗に終わる可能性があります。そのためにも、独立の動機をしっかり持ちましょう。

独立動機は、簡単な理由で大丈夫
独立動機が大切と言っても、難しい理由である必要はありません。知り合いが独立して企業を始めたけど、自分の方がもっとうまく出来るかも知れないという理由でもいいですし、会社が倒産した、リストラで仕事がなくなったからとか、自分は会社の業績がいつもトップなので独りになり自分の力を試してみたいという理由でもOKです。もちろん、職場で辛い思いをしていて辞めたいからでもいいのです。日常の中でのちょっとしたきっかけが独立を始める理由なのです。

独立の可能性を考えよう
まず、なぜ独立するのか、本当に独立できるのかを考えましょう。次に、独立して本当に自分は幸せになれるのかを考えます。幸せになれなければ、独立する意味がありません。自分が幸せになれるのであれば他人はどうかを考えましょう。自分の家族や友人・知人の反対を押し切って独立をしたとして、果たして幸せでしょうか。他人や社会に喜ばれる独立が理想的といえるでしょう。そして、最後に、改めて独立する方が、現状よりも本当によいのかです。このステップをすべてクリアできれば、独立の可能性があります。少しでも、無理だと思えば、独立は見合わせたほうが無難といえるでしょう。

独立資源を理解しよう
独立資源とは
独立資源とは、独立を成功させるための資源のことです。また、独立後に事業を維持し運営を継続させ、さらには発展・拡大させるための資源を指します。独立資源とは、資格などの「モノ」ではありません。宅建を持っているとか、簿記検定1級を持っているなど、なんらかの資格を、「どこで」「どのように」「何のために」使うかなどの工程が必要になります。事業化するプランを得て、初めて独立資源になるのです。むしろ、大したことではないように思われることの方が立派な独立資源であるというケースが多いのです。

独立資源は必ず見つかる!
独立資源というと、とても探すのが難しいと思っていませんか?2つの例を見てください。もともと料理が好きだったAさんが、転勤を期に会社を辞め、自分の持っていた住居を改築し、焼き鳥やをオープン。この場合、「料理が好き」と「持っていた住居」の2つを元に事業化プランを立てたことが資源になります。また、Bさんは新卒で入社して以来、35年間、ずっと経理部に所属し、他の仕事は全くしたことがありません。しかし、経理に関してはベテラン。その知識を生かし、経理代行サービスを運営。この場合は「経理経験を元に事業化プランを立てたこと」が資源となります。このように、趣味でもいいですし、経験でもいいのです。持っているものをどのように使うかを考えられさえすれば、自分が思っている以上に、独立資源は案外豊富に存在しているものなのです。

自分の独立へ向けて段階チェックをしよう
独立に向けての距離を把握する
動機が固まり、資源が見つかりましたか?ここまで準備ができましたら、次は独立に向けての自分の段階チェックをしましょう。改めて、今現在、自分が独立に向けて、どのくらいの位置に立っているのかを把握します。独立を意識してから、独立し事業展開できるまでの現在の距離がわかれば、これから何をすべきかも自ずと見えてくるのではないでしょうか。そして、これから何を重点的に取り組めばよいのか、その課題を探しましょう。

自分の性格を把握する
自分の性格はどういうタイプでしょうか。「なるようになるさ」という楽天的なタイプの人もいれば、一つ一つ丹念に調査し、地道にこつこつと努力するタイプの人もいます。心配性の人もいれば何事にも動じない人もいます。独立は、どのような性格であれ、やれないものではありません。ここで一番重要なのは、現在自分が立っている場所がスタートラインからどれほどの位置にあるかを理解することです。現在自分が立っている場所を理解せず、既に準備万端と勘違いし、独立を始動してしまうケースが多々あります。独立を始める前に取引先や運営資金、契約条件など、いろいろな条件や問題をすべてクリアできて独立スタートできる人は稀でしょう。自分の性格を把握した上で、段階チェックをしてみましょう。

段階チェックをしよう。
理想的な独立を始めるためには、何が足りないのか、何を取り組めばよいのかなどの状況を把握し、取り組むための課題を認識することを怠ってはいけません。「独立について、家族との合意が取れているか。」や「勤務先の円満退社ができるか。」など、独立準備段階チェックをしてみましょう。


-おすすめサイト-
フランチャイズ 募集

独立開業WEB トップ独立動機・独立資源独立準備の第一歩事業アイディア事業計画
資金計画・資金調達事業所の開設営業開始の準備フランチャイズで成功するには
|脱サラ・残留 メリット・デメリット「起業・独立の疑問・不安 これで解消」|

サイトマッププライバシーポリシー

独立開業WEB www.dokuritsu-kaigyo-web.com
(c)Copyright Pencil Co.,Ltd. All right reserved.